集客できないし、ブログを書くのが辛いんです・・・という方へ

相談会では、かなりの確率で「ブログを書くのが辛い」と言うご相談を受けます。

何が辛いって?

・何を書いて良いか分からない。
・書くネタがない。
・書いてもよんでもらえない。
・反応がない。

ちなみに何を書いているかと言うと

・その日の出来事
・気づいたこと
・無理矢理ネタを探して

書いているそうです。それは、辛いと思います。

ところで、なぜそのブログを書いているのですか?

集客の為?

だったら、集客の為のブログを書く必要がありますよね?

お客様を集めることができるブログって、どんなブログなのでしょうか?また、ただ、誰でも良いから人を集めれば良いのでしょうか?

答えは「いいえ!!」

集客の為のブログとは、

将来あなたの商品やサービスを購入する可能性のある、優良な見込み顧客をたくさん集めることができるブログです!!

つまり、あなたの見込み顧客が、読みたい!と思えるタイトル、且つ、内容にすればよいのです。

あなたの見込み顧客が読みたいのはどんな記事でしょうね?
以下の様に考えると、記事作りも苦ではないですよ。あなたのサービスを購入する顧客と言うのは、何らかの「悩み」や「欲求」を解決するために、それを買うわけです。

つまり、あなたが詳しい専門分野について悩んでいるわけです。だから検索をして、悩みの解決策を探そうとするのです。その時に、「悩み」や「欲求」がスッキリ解決しそうなあなたのブログを見つけたらどうでしょう?

たちまち虜になり、今後、何度も読みに来てくださいますし、なかには、商品やサービス(=お客様の「悩み」や「欲求」の解決策)をすぐに買ってくれる方もいるかもしれません!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. あなたのお客様は喜んで「対価」を払ってくれますか?
  2. なぜお客様は価格で判断してしまうのか?価格競争に巻き込まれない方…
  3. 今日から実践できるチラシに書くべきベスト3
  4. ハマるな危険!ママフェス出展3つの罠
  5. 成功する生徒集めは、○の準備が肝心!
  6. ジャパネットたかた社長に学んだ「買って頂くために必要な、全力で○…
  7. あるところに、腕は悪くないのに全く集客ができないピアノの先生がい…
  8. やはり集客するにはフェイスブックをやった方がいいのでしょうか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP